OSRキャンプのブログ

キャンプに目覚めたド素人が、オシャレキャンパーを目指し奮闘するブログです。

『コールマンウォータージャグ』を蛇口交換でストレスフリーに。

 

どうも。最近キャンプを始めようとしている友人から、スノーピークのブランドってなぜこんなに高いの?と聞かれ、なぜかにやけてしまう今日この頃です。

 

今回は以前購入したお気に入りのギアであるコールマンウォータージャグを…

www.osrcamp.com

 

さらに使いやすくなるようアップデートしました。

f:id:OSRcamper:20190922122658j:image

 

<目次>

 

コールマンウォータージャグのデメリット

このジャグの一番使いにくい所は、吐水時に片方の手でボタンを押さないといけない所。

 

誰かに押してもらわないと手が洗いにくい。逆にちょっとボタン押して〜と言われるのもかなり面倒でした。

f:id:OSRcamper:20190922122653j:image

ネットで調べてみると、皆んな蛇口を交換しているではないかっ!?

 

早速やってみよう。

 

蛇口の交換

【今回購入した物】

Kinnor ステンレス蛇口 16mm 瓶蛇口 

*amazonで¥1,000程度で購入出来ます。

f:id:OSRcamper:20190922205823j:image

 

他にも取付出来るメーカーの商品もあるみたいですが、別でパッキンを購入する必要があったりします。

 

このkinnor製はパッキンが付属されているのでオススメです。
f:id:OSRcamper:20190922122706j:image

 

内側と外側のパッキンが付属しています。
f:id:OSRcamper:20190922122648j:image

 

まずは既存の蛇口をはずしてみる。意外にも内側のナットで固定してあるだけの簡単構造!!?
f:id:OSRcamper:20190922122756j:image

 

めちゃくちゃ簡単にはずれました。
f:id:OSRcamper:20190922122628j:image

 

この時点でなんか大丈夫かな〜?って不安になります。
f:id:OSRcamper:20190922122642j:image

 

金物には養生シールが丁寧に貼られているので剥がしましょう。
f:id:OSRcamper:20190922122746j:image

 

蛇口側に金物→パッキンの順にセットします。
f:id:OSRcamper:20190922122731j:image

 

ただ通すだけですが、パッキンはかなり小さめです。

サイズが違うと慌てないように、パッキンは伸び縮みするので落ち着いてはめましょう。
f:id:OSRcamper:20190922122736j:image

 

内側に通します。
f:id:OSRcamper:20190922122751j:image

 

後は反対側にパッキン→金物の順にセットしていきます。そして最後にナットで固定したら作業完了です。めちゃくちゃ簡単・・。
f:id:OSRcamper:20190922122800j:image

少し蛇口が回りますが、パッキンがあるので水が漏れたりはしませんでした。

f:id:OSRcamper:20190922122726j:image

 

蛇口を交換してみて

やはり物凄く使いやすい!何故最初からこの仕様にしてくれないのか不思議なくらい。

 

プッシュ式じゃないとジャグの水が流れ過ぎてすぐになくなるのではないか?と不安がありましたが、プッシュの時と同じ水量でチョロチョロ出てくれるので落ち着いて手を洗う事も出来ます。

 

腕まで洗ったり、洗顔や歯磨きをしたりとかなり使い勝手の幅が広がりました。

 

もし交換を検討されている方やこれからジャグの購入を検討されている方は、是非早めにアップデートしてください!間違いなく便利です!!

 

手持ちのギアを自分好みに変えていくのもキャンプの楽しみの一つですね!

 

それではまた。