OSRキャンプのブログ

キャンプに目覚めたド素人が、オシャレキャンパーを目指して成長していく為のブログです。

△休暇村 南淡路シーサイドオートキャンプ場(後編)

どうも。趣味を聞かれたらキャンプと答えるかアウトドアと答えるか迷いますが、本当はキャンパーと意味不明な回答をしたい気持ちをおさえる今日この頃です。

 

それでは休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場の続きです。

f:id:OSRcamper:20190324162618j:image

 

<目次>

 

キャンプ2日目スタート!

昨晩の豪雨にさらされたのが嘘みたいに気持ちの良い朝です。

 

雨風でキャンプが楽しくないと思えるほど折れてしまった心と時間を取り戻すかのように、日の出までにしっかり起きる事が出来ました。

 

昨晩はまたお隣さんのテントから、そして逆サイドのテントからも挟み撃ちでイビキという名のBGMを聴かされました。

 

ファミリー向けのキャンプ場は基本なんですかね笑。自分は繊細な方なので正直迷惑に感じる!と言いたいところですが、何故かキャンプは許せる。

 

というより外で寝る事にまだまだ違和感と不安があるので、逆にイビキのBGMが周りに誰かがいるんだという安心感を感じます!

 

日の出までに予定通りコーヒーを準備します!
f:id:OSRcamper:20190324123849j:image

 

前回もレビューしましたが、タフまるは朝から活躍してくれます。この朝の湯沸かしが苦痛で、タフまるの購入を決意したので嬉しいです。

 

タフまるはlogos薪ラックテーブルと同じブラックカラーでマッチします。アイアンレッグのテーブルなどブラックカラーには基本合いそうな感じです。

 

朝は寝ぼけ眼で外にいる事が中々飲み込めず、湯沸かしも力がいつも入りません。タフまるはワンタッチで点火出来て火力十分なので、心強いの一言です。
f:id:OSRcamper:20190324124224j:image

 

さぁ今日はどんな朝が出迎えてくれるのか。

ドキドキとキャンプの終わりが近づく事に寂しくなりますね。
f:id:OSRcamper:20190324134428j:image

 

キタァァ!!これがたまらんのですわ!キャンプの朝日。毎回感動。
f:id:OSRcamper:20190324123845j:image

 

モーニングタイム!

今日はいつものホットサンドを違う組み合わせでつくっていきます!

 

バナナチョコサンドにしましょう。f:id:OSRcamper:20190324124216j:image

 

ただ切って置くだけ。簡単すぎる。
f:id:OSRcamper:20190324124228j:image

 

サクッと完成しました。お味は…

 

あ…うま…甘い!!

 

これはチョコの甘さをさらにバナナが引き立てて、相乗効果で甘さが増すという。これは…

 

おススメ度★★☆☆☆ですかね。早々に切り上げてお待ちかねの温泉タイムにしたいです。
f:id:OSRcamper:20190324124151j:image

 

とその前に、お約束の休暇村南淡路のリニューアル工事の一部を探りたいと思います!

 

休暇村南淡路のリニューアルはどんな感じ?

やはりこの海沿いのサイトに一番に目がいきます。これはヤバイ。さらに海が近くなっている!!いいな〜。これは最高だな。
f:id:OSRcamper:20190324123840j:image

 

各サイトに炊事場がありますが、洗い物しながら海を一望出来ます!
f:id:OSRcamper:20190324124157j:image

 

ていうかもう、このサイトに泊まったらテントから釣り出来るやん!?自分は釣りはしませんが汗。これはヤバすぎる!!
f:id:OSRcamper:20190324124144j:image

 

海も淡路島だけあって超綺麗です。
f:id:OSRcamper:20190324123854j:image

 

広場にベンチもあって基本海を眺める事が出来ます!!他にもいくつか海前のサイトがありましたが、どれも絶対に泊まった方が良いと自信持っておススメ出来るレベルでした!
f:id:OSRcamper:20190324124233j:image

 

もっとご紹介したいのですが、いかんせんオープン前。これ以上は実際に訪問して実物をご確認下さい!そして宿泊レビュー是非お待ちしてます笑。

 

休暇村名物ランチビュッフェ

国民休暇村と言えば?皆さんもうお分りですよね?ご当地の食材を取り入れた地元ならではのメニューも豊富なビュッフェです!

 

このビュッフェがめちゃ美味しいんです!
f:id:OSRcamper:20190324124212j:image

【営業時間】

11:30~13:30

【料金】
■大 人  1,540円(税込)
■小学生  1,030円(税込)
■4才以上  720円(税込)

 

さてお腹も空いたのでダッシュでいきます!その通路で見かけたポスター。
f:id:OSRcamper:20190324124220j:image

 

そうそう。自分がキャンプにハマったきっかけになった休暇村手ぶらでキャンプ。懐かしい。

 

そして待ちに待ったビュッフェタイム!絶対とりすぎてしまう。とりすぎてしまわない日なんてない!なぜならそこにビュッフェがあるから!
f:id:OSRcamper:20190324123836j:image

 

海を見ながら食べ放題!最高!ここのすごいところは営業時間はあるものの、ビュッフェは営業時間内であれば時間制限がありません。

 

ゆったり食事出来るのが良い!
f:id:OSRcamper:20190324124202j:image

 

潮騒の湯

たらふく食べたてからの〜温泉。もう言うことありませんね!

f:id:OSRcamper:20190324134457j:image

【営業時間】

12:00~15:00

 

【温泉入浴料】 

大人 820円
4才以上 510円 

販売タオル       1枚 150円
レンタルバスタオル 1枚 210円

 

★ここでお得Point!!

実は会計の時に判明したのですが、キャンペーン中?か何かでビュッフェを食べると入浴料がなんと300円に!!

 

ヤッス!!?てことは温泉入るならビュッフェ食べた方が絶対的お得ですやん!?1人千円でビュッフェ食べ放題ってことですもんね!

 

ドラゴンクエスト30周年記念碑

せっかく淡路島に来たので(と言っても先週も淡路島に遊びに来ていたのだが…)ドラゴンクエストのモニュメントがあるらしく行ってきました。

 

そう淡路島洲本市はドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの故郷になります。

 

そこで地元PRの為にドラゴンクエスト記念碑の設置やイベントなど行われているそうです。

 

kankouawaji.com

 

 

google mapにドラゴンクエスト記念碑ってあるんですね〜笑

 

f:id:OSRcamper:20190324163426j:image

 

そして休暇村からしばらく車を走らせて現場に到着。歩いていくと…

 

公園のど真ん中に…発見!

 

カ…カッケェ〜!!!!

これは実物大ってことですよね!実際のサイズ感ですよね?堀井さん!!?

 

スライムって、まぁまぁデカイ!?
f:id:OSRcamper:20190324163430j:image

 

スライムは愛くるしいなぁ。いやぁ愛くるしい。この後勿論全て装備して写真撮りまくりました。

 

普通の公園で周りにたくさん人が歩いているので恥ずかしかった〜
f:id:OSRcamper:20190324163422j:image

 

「人生はロールプレイング」間違いない。この言葉素晴らしい!!
f:id:OSRcamper:20190324163417j:image

 

そしていつも通り唐突にキャンプは終わりを迎える。

 

最後までお読み頂き有難うございます。

 

いつも特別内容のない記事を、内容ある風に書いていて、大して起承転結もなく有益な情報もないのにいつも沢山の方々に読んでいただき感謝しています。

 

行きたいキャンプ場がどんどん制覇されていきます。いつかは行ってよかったキャンプ場ランキングなんてのも書いてみたいものです。

 

次回1泊2日の休みが取れる日が来たら、是非行きたいキャンプ場がまだあるのでレビューしたいと思います。

 

それまでは皆さんのキャンプの記事でキャンプ気分を味あわせて頂きます。

 

それではまた!次回!