OSRキャンプのブログ

キャンプに目覚めたド素人が、オシャレキャンパーを目指し奮闘するブログです。

『ノースフェイス ドットショットジャケット』

どうも。日清カップヌードルプリングルスを同時に食べていたら、間違えてカップヌードルに指を突っ込んでしまう今日この頃です。

 

さて今回もNewギア紹介ですが、今回はアウター編をさせて頂きます!

 

ノースフェイスの人気定番マウンテンパーカー、ドットショットジャケットです!

 

f:id:OSRcamper:20181218112306j:image

 

定価21,800円。ですが…今回かなりお得にゲット出来たので、その経緯をご紹介します。

 

結論から言うと夫婦ペアでリサイクルショップで購入し、実は二つとも中古品です!!

 

今はリサイクルショップでも大きいところは年末セールをやっているところもあり、奥さんのノースフェイスは最初ネットの楽天市場で見つけました!

 

しかも偶然にも家の近くにその販売元があったのでサイズ確認も含めて、ショップに出向いてみると…

 

f:id:OSRcamper:20181218112232j:image

しかも売れなくて一度値下げされている→そして店舗にてさらに10%off→また店舗購入により送料900円が値引き。という訳です。

 

しかも新品と何も変わらず、もはや何が中古なのか理解できないのと、奥さんの分については新品未使用でなんと驚愕の税込7,000円で購入できました。

 

信じられますか?!ノースフェイスでこの価格は、偽物を疑いたくなるほどです。

 

ノースフェイスドットショットジャケットとは

 

f:id:OSRcamper:20181218112703p:image

防風・防水性に優れたアウトドアキャンプにぴったりのマウンテンパーカーです。

 

軽量の為着心地も良く、持ち運びも容易で便利です。

 

防風性を高める為、裏生地にシームレスの継ぎ目加工がされていて風を通さず温かいですが、これ自体に保温性はなく薄い生地なのでオールシーズン使えるモンスタージャケットです。

 

今回は冬キャンに備えて、これをダウンジャケット化しようと思います。

 

事の発端は、コロンビアで温かいアウターを探していて、1.5万のインナーダウンに防風防水のアウターが1.5万でついていて、合計3万円!!

チャックをはずすとインナーダウンのみで春先も使えます!

 

みたいな。ん?待てよ。

 

f:id:OSRcamper:20181218114129j:image

 

それだったらそもそもインナーと防風アウター別でいいんじゃね?!となった訳です。

 

それなら諦めていた一番欲しいノースフェイスに手が届くかも!!となりました。

 

まずはアウターとして使うドットショットを紹介します。

 

メンズのMサイズを購入しました。ノースのマウンテンパーカーは二代定番であるドットショットジャケットかスクープジャケットで迷いどころですが、スクープと比べてゆったりしています。

f:id:OSRcamper:20181218150621j:image

逆にスクープはスリムなのでインナーを着込むのに適しておらず、キャンプで使うならドットショットがおススメです。

 

保温性がスクープの方がありますが、その分一万ほど上がるそうなので、同じジャンルのものがお安く買えるという点は最高ですね。

 


 


 

 

とにかく1番良かったのは形でした。
f:id:OSRcamper:20181218010842j:image

 

バックです。ノースフェイス独自の素材生地がHY-VENT D(ハイベント)という2.5層の構造で、軽量。防水透湿性は優れているそうです。

防水透湿性をさらに向上させるには、ゴアテックスのシリーズもありますが、破格の値段で手が出ません!!
f:id:OSRcamper:20181218010737j:image

 

ノースフェイスのロゴが格好良い!偽物はこのロゴが縦長くなっていたり、極端に小さいので注意が必要です!
f:id:OSRcamper:20181218010740j:image

 

裾は少し広がりますが、絞る事ができます。
f:id:OSRcamper:20181218010834j:image

 

ファスナーにはストームフラップが付いおり、風の侵入を塞ぎます。
f:id:OSRcamper:20181218010838j:image

 

またここの返しが優しいこだわりで嬉しい。
f:id:OSRcamper:20181218010727j:image

 

ファスナー上部にはチンガードがあります。
f:id:OSRcamper:20181218010848j:image

 

当然フードも調整可能。
f:id:OSRcamper:20181218010828j:image

 

へッド部も絞れるようになっています。使う時がくるのだろうか。
f:id:OSRcamper:20181218010859j:image

 

内側のロゴは貼り付けというよりプリントされている感じです。
f:id:OSRcamper:20181218010756j:image

 

継ぎ目は全てPVCフリーシーム加工がされており、密閉感あります!!
f:id:OSRcamper:20181218010748j:image

 

ファスナーの持ち手は結構しっかりしていて、耐久性はありそうでした。
f:id:OSRcamper:20181218010733j:image

 

奥さんの分です。さすが新品、タグが付いてるのが羨ましい〜。

 

色はブライトローズでピンクでもなく赤でもなく、派手なようで落ち着いた雰囲気もあり、街でもオシャレに使えそうです!
f:id:OSRcamper:20181218010853j:image

 

ロゴは少し濃くなります。同系色なので目立たないですが、このさりげない感が格好いい。
f:id:OSRcamper:20181218010815j:image

 

女性はMサイズでも少しタイト目になっていました。大きすぎず小さすぎずベストサイズです。中古品により一点ものなのでMサイズが売られてて良かったです。
f:id:OSRcamper:20181218010719j:image
f:id:OSRcamper:20181218010857j:image
f:id:OSRcamper:20181218010723j:image
f:id:OSRcamper:20181218010715j:image
f:id:OSRcamper:20181218010821j:image

 

レディースもファスナーの先に紐があり、とにかくしっかりしています。
f:id:OSRcamper:20181218010744j:image

ポケットは二ヶ所ありますが、ここからの換気は出来ません。

今期のモデルからは腋の下あたりにベンチレーターが付いて、湿気を逃がす事が出来るそうです。

 

これは当然前期タイプなので、残念ながらベンチレーターはありません。
f:id:OSRcamper:20181218010730j:image
f:id:OSRcamper:20181218010845j:image

 

試着してみます。

Mサイズ (単位:cm) チェスト:96.5-101 袖丈:86 ウエスト:81-86

 

身長174cm 体重63kgの自分ですが、ジャストサイズなのにゆったり感もあり気に入りました。

 

※親指をポケットに入れるオシャレスナップ上級技は、雑誌ゴーアウトのスナップ写真をみて習得しました。


f:id:OSRcamper:20181218010825j:image

 

続いて本題のダウンジャケット製作に入ります!!ここからは時間もないのでスピーディーに製作の工程にはいります。

 

まずはユニクロの名作中の名作!キャンパー必須アイテムのウルトラライトダウンを初購入しました!!

 

とにかく軽い!のに温かい!!
f:id:OSRcamper:20181218010818j:image

 

ウルトラライトダウンの柔軟性を利用し、丁寧にマウンテンパーカーへとフイットさせていきます。大変な工程ですが、やる気さえあれば簡単です。

 

サイズは男女共にSサイズです。
f:id:OSRcamper:20181218010751j:image

 

レディースは奥さんがネックなしにしましたが、ネックある方が断然温かいです。
f:id:OSRcamper:20181218010803j:image

 

これもマウンテンパーカにフイットさせていく工程です。製作時間はやはり最短でも10秒はかかってしまいます。
f:id:OSRcamper:20181218010810j:image

 

コツというか時短するには、ライトダウンを一旦着てから、マウンテンパーカを羽織ることで、5秒で製作することも可能です。笑

 

ライトダウンはコンパクトにしたら、名宝ハム(福井名物)ぐらいにはなります。すみません、嘘です。でも超コンパクト!!
f:id:OSRcamper:20181218010800j:image

 

今年の冬はキャンパー初デビューの為、もっと入念な準備が必要ということもあり超極暖ヒートテックは初購入です。

ご存知だと思いますが、ヒートテックは体内の熱を取り込んで熱を発するので、肌とテックの間に隙間があるとヒートしにくいです!

なのできつくてもサイズダウンしてタイトに着用するのがオススメです。

f:id:OSRcamper:20181218145927j:image

 

しかし冬キャンするには、まだまだ準備が不足しているかと思います。もう少し暖を取りながらオシャレ出来る方法を検討してみようと思います!!

 

では。