OSRキャンプのブログ

キャンプに目覚めたド素人が、オシャレキャンパーを目指して成長していく為のブログです。

△六ツ矢崎浜オートキャンプ場(中編)

さて…お昼も終わったので夜の準備に入ります。ここから気が付いたら夜になっているのがほとんどです。

 

f:id:OSRcamper:20181107181125j:image

 

なぜキャンプは気が付くと夜になるのでしょう?

準備や一つ一つの作業に時間がかかるから?

身体が疲れているから?

やる事が多いから?

 

その答えは今回の旅で分かりました。それは記事の最後に発表ということで…

 

 

まずは286Aの準備をします。正直これに明かりを灯すのが今回のキャンプの一番の楽しみでした。

 

マントルが付いてなければ、明るいうちに準備するのをオススメします。

f:id:OSRcamper:20181107130752j:image

 

準備OK。安心して夜に備えます。
f:id:OSRcamper:20181106122240j:image

 

一息付いて琵琶湖の夕暮れに癒されます。
f:id:OSRcamper:20181106122316j:image


時間の流れに寂しさを覚えながら、これから一晩乗り越えれるかの不安とドキドキ感を噛み締め、サーカスTCというマイホームが心強く感じました。
f:id:OSRcamper:20181106122115j:image

 

それでは夕食の準備、セッティングにとりかかります。
f:id:OSRcamper:20181106122327j:image

 

炭起こし器はなんか薪立てにちょうど良いと思いました。
f:id:OSRcamper:20181106122211j:image


さらに夕日は沈む…
f:id:OSRcamper:20181106122243j:image

 

テント内キッチンです。今晩の野菜をカットしていきます。
f:id:OSRcamper:20181106122257j:image

 

そうです。今晩はすき焼きです!!え?キャンプで?いやいや違いますよね?キャンプで食べるすき焼きは格別だと聞きました。

 

食べなくてもわかります。外で食べるすき焼きは最高です!!
f:id:OSRcamper:20181106122133j:image

 

もっと夕日が沈む…
f:id:OSRcamper:20181106122145j:image

 

さて、キャンパーズナイトスタートです!
f:id:OSRcamper:20181106122346j:image

 

それでは開演の狼煙を!!
f:id:OSRcamper:20181106122342j:image

f:id:OSRcamper:20181106122312j:image
f:id:OSRcamper:20181106122122j:image

 

まずはすき焼きには白ごはんがマストですよね。

logosポケットコンロで自動炊飯します。
f:id:OSRcamper:20181106122232j:image

 

完成!!

f:id:OSRcamper:20181107140407j:image

 

すき焼き!!旨い!やっぱり!!

今回どうせ失敗するかも?と思ってかなり安い肉なのですが、冗談抜きで高級肉の味です。

 

何故こんなに旨いのだろうか?

焚き火すき焼きだから?

外だから?

ダッチオーブンだから?

 

その答えが判明しました!それは…

その答えも先程の時間の経つのが早いのと同じです。ここで確信に変わりました。

 

勿論答えはこの記事の最後に残します。

 

しかし焚き火料理は火加減が難しい。料理も作って気が付いたら鎮火…慌ただしかったです。

 

トライポットは大袈裟だからあまり使いたくないんですが。でもなんとか頑張りました。

 

しかしながら…まさかの炊飯は失敗!

 

メスティンをポケットコンロに直に置けば良かったのですが、今回導入したコーナンキャンピンググリル(ラック)をかましたせいで炊けていない!!

 

もうどうなってもいい!焚き火でリカバリー!!捨てるよりはマシかなと。
f:id:OSRcamper:20181106122320j:image

 

結局美味しく炊けました汗。

やはりメスティン最強。

f:id:OSRcamper:20181107133400j:image

 

あと反省としてはランタンの位置が悪かった。

地味に本日ギアデビューさせていたスノーピーク パイルドライバー 。

 

ちょっと位置が悪いかな?メインランタンをどこに配置すればいいのか分からず…

 

設営時の音がうるさいので、動かず事も出来ずに…自分の影が邪魔になりました。ランタンは陰が出来るのでいくつか必要ですね。


f:id:OSRcamper:20181106122223j:image

 

ルミエールランタンインディゴレーベル。癒されます。何故かすき焼きに合う!
f:id:OSRcamper:20181106122203j:image

 

しかし自分のお気に入りのギアを眺めてるだけで何故に、何故にこんなに胸が熱くなるのか。

 

ドキドキしたり癒されたりするのか?

 

それももう既に今日一日を通して答えは見つかりました。全ての答えは同じなのです。


マルカの湯たんぽを温めて毛布に仕込みます。まだ寝袋を買っていないので、お布団セットを持ち込みました。
f:id:OSRcamper:20181106122308j:image

 

それではここで近くの温泉に行ってきます。六ツ矢先浜オートキャンプ場の近くにある一番近い温泉です。温泉ではないかもですが・・・汗。とにかく安いんです!!!

 

 

ホテル可以登(ホテルかいと)

 

【TEL】 0740-22-5111

【アクセス】 滋賀県高島市今津町名小路1丁目6番地

【入浴料金】大人320円(タオル、バスタオル貸出付き)

 

 

 

 

 

いつも思うのが温泉タイムを入れると慌ただしくなるんですよね。でも寝る前に入りたいし…

 

温泉気持ち良かった〜。やっとここでビールを解禁できます。アルコールも温泉移動の為に、いつも寝る前になるんですよねー。
f:id:OSRcamper:20181106122141j:image  

 

焚き火に癒されます。焚き火をみながら、寝る前のアルコールは本当に格別ですね。


f:id:OSRcamper:20181106122151j:image
f:id:OSRcamper:20181106122247j:image

 

消灯時間の為に鎮火。

f:id:OSRcamper:20181106122938j:image

 

寝る前に星をみながらコーヒータイム★
f:id:OSRcamper:20181106122102j:image

 

コーヒーであったまりながら、星を眺めます。

カメラは全てi phone Xの為、星は分かりませんが肉眼では流れ星もみえるほどの満天の星空です。

 

琵琶湖は真っ暗ですが、波の音でハッキリと広大な水の世界をを感じる事ができます。

f:id:OSRcamper:20181106122335j:image

 

さてそろそろ就寝です。
f:id:OSRcamper:20181106122219j:image

 

寝る前の気温です。

テント内13度。外10度。不安ですが寝袋なしでこのまま眠りにつけるかやってみます。
f:id:OSRcamper:20181106122227j:image

 

それでは最後に今日一日の疑問についての答え合わせですが…

 

何故

 

時間が経つのが早くて・・・

 

ご飯が普段より美味しくなって・・・

 

お気に入りのギアに熱くそして癒されるのか?・・・

 

その答えは・・・皆さんは分かりますよね?そう。

 

キャンプがクソ楽しいから!!!

 

以上。

 

後半に続く