OSRキャンプのブログ

キャンプに目覚めたド素人が、オシャレキャンパーを目指し奮闘するブログです。

『コーヒーミル/HIGHMOUNT(ハイマウント)』

どうも最近はキャンプで使用出来る⇒キャンプギア、使用出来ない⇒日常品…の区別が付かなくなってきて、見るもの全てをギアと呼んでしまう今日この頃です。

 

今回は前回ご紹介できなかったギア紹介です!!

 

最近物凄くハマっているコーヒーをもっと美味しくする為のギア、HIGHMOUNTのコーヒーミルです。

f:id:OSRcamper:20191111092230j:image

 

<目次>

 

コーヒーミル/HIGHMOUNT(ハイマウント)

【価格

¥2,420(税込)

【仕様 】
品番:46169
サイズ:約φ48×140×135mm
重量:約220g
材質:ステンレス、刃/セラミック、内側粉受け/アクリル樹脂、粗さ調節ネジ・バンド・スペーサー/ABS樹脂、カッター受け/ナイロン樹脂

f:id:OSRcamper:20191111181432j:plain

f:id:OSRcamper:20191111181435j:plain

f:id:OSRcamper:20191111181437j:plain

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(HIGHMOUNT)ハイマウント コーヒーミル
価格:2420円(税込、送料別) (2019/11/15時点)

楽天で購入

 

 

今回こだわった点

■コーヒーミルは沢山ありますが、今回こだわったのはキャンプだけではなく山でも使用する為、コンパクトに持ち運び出来るという事。

 

■そしてある程度雑に扱っても割れたり、ヒビが入ったりしないステンレス製である事。

 

■あくまでギア感を出したいので見た目に多少武骨感があってシンプルである事。

 

■コーヒー初心者なので、お試しで購入出来る程度の金額である事等です。

 

開封してみよう!!

箱はキャンプギアとは思えないカフェ感。

f:id:OSRcamper:20191110235841j:image

 

中身はシンプルに2点のみ!
f:id:OSRcamper:20191110235849j:image

 

セラミックの刃って大事なんですね。知らなかった・・。これ分解したら元に戻せる自信がないなぁ。
f:id:OSRcamper:20191110235924j:image

 

そうそうこの武骨感!!ギアって感じしますよね!!?
f:id:OSRcamper:20191110235859j:image

 

オシャレなミルをキャンプや自宅で使うのも良いのですが、このぶっきらぼうな感じのミルを山に流れる川の前でガリガリするのが理想のイメージなのです。
f:id:OSRcamper:20191110235942j:image

 

おお。粗さを調節出来るんですね~。コーヒー初心者の自分にはチンプンカンプンです。
f:id:OSRcamper:20191110235930j:image

 

実践してみよう!!

せっかくなので皆な大好きKALDIのコーヒー豆を使用します。
f:id:OSRcamper:20191110235818j:image

 

コーヒを豆のまま200g下さい~ってレジで言ってみたかったんですよね~。

*実際はこれってミルでガリガリやるやつですよね~?と挙動不審に問う。

 

満タンにいれて20g入ります。1杯10g目安なので、2杯分作れますね。
f:id:OSRcamper:20191110235906j:image

 

それではミルっていきます!!
f:id:OSRcamper:20191110235902j:image

 

ん?思ったより力がいるぞ・・。
f:id:OSRcamper:20191110235838j:image

 

もうどれだけミルったのだろうか・・。ちょっと疲れてきたな汗。恐る恐る覗いてみると、!!まだ折り返し地点ではないか!?
f:id:OSRcamper:20191110235824j:image

 

もう効き手でおさえて本気出して行きます。
f:id:OSRcamper:20191110235914j:image

 

いやもうなりふり構ってられん。ガリガリというよりシャカシャカまわす!!
f:id:OSRcamper:20191110235853j:image

 

再度覗き込んでみると、やった~!!完成。苦労したからか、光が差し込んで輝いてみえる〜笑。
f:id:OSRcamper:20191110235917j:image

 

それでは粉を取り出してみます。
f:id:OSRcamper:20191110235828j:image

 

このミルったコーヒー粉はなんというんでしょう?煎る?挽くかな?挽いた豆は、いや粉はそこにある小窓から量を確認する事が出来ます。
f:id:OSRcamper:20191110235857j:image

 

本当にコーヒーが好きですが、初心者で何も分かっていないもので・・。なんとかいつものフィルターにセット出来る感じになりました!!
f:id:OSRcamper:20191110235938j:image

 

それではコーヒーを入れていきます。ああ早くこのトントンって作業を大自然の山の中でやりたいなぁ~。
f:id:OSRcamper:20191110235927j:image

 

いつもの粉より細かく感じました。細かい粉にすればするほど濃く仕上がるそうです。確かにエスプレッソの粉なんてめちゃくちゃ細かいですもんね~。
f:id:OSRcamper:20191110235909j:image

 

まずは20秒蒸らします。コーヒーの香りがめちゃくちゃ良いです!全然違う!
f:id:OSRcamper:20191110235933j:image
f:id:OSRcamper:20191110235821j:image
f:id:OSRcamper:20191110235835j:image
f:id:OSRcamper:20191110235845j:image

 

完成しました!!
f:id:OSRcamper:20191110235921j:image

 

これは…美味しい!!!

 

濃厚で香りも強いですが、飲んだ瞬間甘い!!って思いました。味はいわゆる喫茶店の味です!!最高でした。単純にカルディが美味しいのかも笑。
f:id:OSRcamper:20191110235831j:image

 

HIGHMOUNTコーヒーミルまとめ

コーヒーミルに興味があって、そにかくお手軽に試してみたい方にオススメです。

自宅で使うキッチンツールというより、キャンプギア感が欲しい方にもオススメです。

 

コーヒーは20g(二人分)を挽くことが出来ます。

 

ステンレス製なので屋外で使用するのも安心。

 

今後は山の中の湧き水を汲んで、絶景をバックにコーヒーを飲んでみたいです。

 

それではまた!!

 

 

 

『ヤマノススメ』

どうも。旅行はキャンプ以上に大好きな趣味で色々と悩んだ結果、『キャンプ × 旅行 = 山』の公式が閃いてしまった今日この頃です。

 

今回もギアレビューなのですが、その前に…

 

<目次>

 

山への興味

山に興味をもってしまったキッカケは…沼じゃないですよ?山です。沼だと全く別の話になり、またキャンプの振り出しに戻ってしまうので。

 

キッカケは大きく二つあります!!

 

ヤマノススメ

一つ目は…(ドラムロール)

 

皆さんご存知のアニメ『ヤマノススメ』です!!

 

…え?ご存知でない?

 

そんな方は、今はインターネットという便利なツールがあります。ご自分でDO IT!!

 

簡単に説明すると内気な女子高生が「山」を通じて、新たな自分に気づき成長していく物語です。

 

このアニメで主要人物である倉上ひなたちゃんのお父さんのセリフ…

 

『さぁ世界で一番の景色を見に行こう』

 

f:id:OSRcamper:20191111095631j:image

いやこの瞬間にもう古いと言われてもいい!

 

ビビビと来ました。

 

くつろいで何気なく観ていたアニメでしたが、このセリフを聞いた瞬間時が止まってゾクっと来たのです。

 

2組のYouTuber

そして二つ目は…

 

2組のYouTuberさんの影響がありました。

 

最近ハマっているYouTube動画の『モリノネちゃんねる』さんです。

 

 森に行ってコーヒーを飲むというだけの動画なのですが、、良き!!

 

◻︎コーヒーを焚き火で沸かして飲むだけというシンプルさ!

 

◻︎画質がとにかく綺麗

 

◻︎森の音(モリノネ)こそがBGMと教えられる

 

すごく考え抜かれたらストレート球。うどんはコシ、しかしウチはその前に出汁で勝負しますよ?的な?!

 

※あくまで個人的見解です。

 

あとキャンプ動画でお馴染みのJURI CAMPERさん

 

最近山登りも始められたようで、キャンプ以外に山動画も出て来ます。

 

前編はかなり過酷な動画にみえます。ただテントの中で風を凌ぐだけで、本人達の表情も曇っているようにみえます。雨・風・極寒、正直恐怖すら感じます。

 

それが実はこの回をみて感銘を受けました・・・

 

正直コレを観たら山に興味は出ないだろうと思って、最初はマイナス的な感じを自分に言い聞かせるように動画をみてました。

 

しかし後編で奇跡がおきます。快晴というか、それこそ世界で一番の景色だと思いました。

 

この光景を観てフラッシュバックして、アニメヤマノススメの世界で一番の景色を見に行こうのセリフが頭に聴こえて来ました。

 

新たな発見を与えてくれたこの2組の動画には感謝です。

 

まずは山へ行ってみよう!

そんなこんなで最近やってみたい事は山に登ってコーヒーを飲む!!

 そんなシンプルな目標が出来ました。

 

今後はもちろん山ごはんも挑戦したいと思いますが、まずは山初心者。今はトレッキングからのんびり始めていこうと考えています!

 

って今回のギアレビューはっ!?

 

もう山への興味を語るというので脱線してしまいました汗。

 

次回へ続く。

 

 

『ゆるキャン△ 聖地巡礼編』

どうも。今から1年前に行った記事をやっと書き上げる事が出来た今日この頃です。

 

さて今回はキャンプに行けない時のために仕込んでおいたネタを記事にしました。

 

昨年行ってきたYMCAグローバルヴィレッジの番外編になります。(昨年?いつの記事やねん!?)

 

今更ですがゆるキャン△聖地巡礼編です。

 1年熟成させて書いた記事なので当然ブームも終わり、皆様には周知の内容になるかと思いますが、、。

 

そんな事は気にしません!ネットで検索される時には過去!もはや過去だから!

f:id:OSRcamper:20190321224307j:image

 

<目次>

 

 年越しキャンプ明けのホテルに感無量!!

元旦初日の出を無事に迎えた後は山梨市内のビジネスホテルに宿泊しました。

f:id:OSRcamper:20190321224636j:image

 

【ホテルリブマックス甲府】

 

ここのホテルは最高でした。安くて綺麗だしホテルには温泉が湧いてるし、2泊3日の富士山キャンプ明けで酷使した身体には本当に染み渡りました。

 

山梨といえばほうとうですよね!ここで久しぶりに身体の芯から温まる食事を食べた気がします。麺ももちもちでスープも美味しかった~。
f:id:OSRcamper:20190321224633j:image

 

驚いた事に屋上にはチョコレート色の温泉が湧いており、最高に気持ち良かったです。関西にはあまりみない温泉なのでテンションが上がります。

f:id:OSRcamper:20190321224825j:image

 

2019/1/2の朝日です。昨日まであの富士山の目の前でキャンプしてたんだな〜と思うとゾッとします。コーヒーを飲みながら改めて達成感を感じました。

f:id:OSRcamper:20190104132036j:image

 

やはり山梨はゆるキャン△ガンガンにPRしてますね!アニメの力は凄いです。街を活性化させてますねー。
f:id:OSRcamper:20190104132223j:image

 

気が付いたら沢山お土産を買ってしまいました・・。
f:id:OSRcamper:20190104132054j:image

 

身延饅頭を食べに身延町へ

主人公のナデシコ達が訪れた身延まんじゅうの元になったお店です。本当にそのまま存在するんですねー。
f:id:OSRcamper:20190104132134j:image

 

アニメで聴いた「みの~ぶ~まん~じゅ~」の唄が頭に聴こえてきます!!
f:id:OSRcamper:20190104132149j:image

 

中にはどんな店主がいるのかな~?・・って齊藤さん!!!
f:id:OSRcamper:20190104132218j:image

 


ここでまんじゅう食べましたよね~。なでしこもここからお店にダッシュしてましたね~。いやあ懐かしい!!
f:id:OSRcamper:20190104132101j:image

 

ほったらかし温泉へ

良し!ここまで来たら行きますよね!ほったらかし温泉っ!!アニメでは確かほっとけや温泉になっていたのかな?ほっとけや温泉の方が笑えますけどね!
f:id:OSRcamper:20190104132205j:image

 

【ほったらかし温泉】

営業日
* 年中無休 *

営業時間
日の出1時間前~22時
(最終受付21時半)

入浴料 (一風呂)

大人  800円
小人0歳~小学6年生)
400円

ほったらかし温泉オリジナル
タオル   200円
バスタオル 1000円

*浴場は全て男女別*

 

温泉好きの自分はゆるきゃん△で紹介される前から数回訪れたことがあります。夜景が綺麗はあっちの湯と、富士山が一望出来るこっちの湯があります。

 

 改めて富士山大きさを感じる。離れても離れても思い出は近く感じます。
f:id:OSRcamper:20190104132039j:image

 

温泉でほっこりしたので休憩所へ。
f:id:OSRcamper:20190104132057j:image

 

ここもなでしこ達がまったりして、キャンプ場へ向かう時間を忘れて寝過ごしてしまったあの場所ですね!
f:id:OSRcamper:20190104132214j:image

 

ここまで来たら食べよう『温玉揚げ』

野クルのメンバーで食べていた『温玉揚げ』です!!
f:id:OSRcamper:20190104132111j:image

 

濃厚なジュースを添えて。ここで日もさして来てポカポカ~。
f:id:OSRcamper:20190104132124j:image

 

中身はとろ~り、外はさくっ!でした。
f:id:OSRcamper:20190104132032j:image

 

富士山に別れと告げて、次の旅へ。
f:id:OSRcamper:20190104132201j:image

 

温泉のすぐ近くの広場です。ここもゆるキャン△来てましたね~!
f:id:OSRcamper:20190104132046j:image

 

そうそうここ!
f:id:OSRcamper:20190104132157j:image

 

ここのカフェにあるパフェがアニメに出たんですよね~。

 

さぁここには~大垣ちゃん!!!来たあ~~~!!!!
f:id:OSRcamper:20190104132106j:image

 

ここはかなりゆるキャン△色が強い!!ゆるキャン△の声優さんも来てるみたい!
f:id:OSRcamper:20190104132141j:image

 

ゆるキャン△パフェ!?

あたりを見渡してみると・・とんでもなく大きなフィギュアをテーブルに立たせて盛り上がるメンズ達。みんなパフェを食べているではないか!

 

おお。これが本場かあ・・・。

 

いやあ無理だな。恥ずかしい・・もう帰りたくなってきた。

とりあえずパフェは見るだけでいいかな。

 

・・!

 

大垣ちゃん!!!
f:id:OSRcamper:20190104132153j:image

 

とりあえず買ってみた。
f:id:OSRcamper:20190104132051j:image

 

なでしこの食べたりんごソフトと、ゆるきゃんパフェ。う、旨い!!!久しぶりにパフェらしいパフェを食べた気がします。

 

しかしみんな絵が旨いな~。
f:id:OSRcamper:20190104132145j:image
f:id:OSRcamper:20190104132043j:image
f:id:OSRcamper:20190104132121j:image

 

いつかは行きたい洪庵キャンプ場

早く大阪へ帰らないと行けないのだが、まだまだ寄り道してしまう。
f:id:OSRcamper:20190104132209j:image

 

浩庵キャンプ場!!!もう説明いらずのゆるキャン△といえばココですよね!!
f:id:OSRcamper:20190104132129j:image

 

もっと見て回りたかったのですが、宿泊者以外はキャンプ場へ行けず、人もごった返していたのでこの先は断念!!

 

でもいつかは絶対来たいキャンプ場!改めての再訪を帰路につきます。

 

山梨は想像以上にゆるキャン△の力があるなと改めて感じました。皆さんはどのキャラが一番好きですか?

 

凛ちゃんですか?

 

なでしこですか?

 

自分は・・もうお分かりですよね!?断然ムードメーカーの大垣ちゃんが推しメンです。今なら特大フィギュアを担いでパフェを食べに行ける気がします!!

 

そんなこんなで、、結局このまま色々と寄り道してしまい年始はギリギリまでキャンプをしてしまうことになるのですが、それはまた別のお話。

 

それではまた!!

 

 

 

 

△ 荘内半島オートキャンプ場浦島 【後編】

先日行って来ました荘内半島オートキャンプ場の後編になります。

改めて言いますが本当に景色が良く素晴らしいキャンプ場でした。

 

<目次> 

 

キャンプ場に併設?オシャレカフェへ

順調に設営も終わってマッタリできたので、キャンプ場に併設されているカフェへ行ってみます。キャンプ場を利用しない人も入れる人気のオシャレカフェです。 

 

景色抜群で、瀬戸内海を眺めながらまったり過ごすことが出来ます。

 

セトウチ珈琲

f:id:OSRcamper:20191006083033j:image

 

classico-setouchi.com

 

 

ここが入口です。キャンプ場にあるとは思えないオシャレさですよね!?
f:id:OSRcamper:20191006083005j:image

 

都会感が半端ないです!
f:id:OSRcamper:20191006083058j:image
f:id:OSRcamper:20191006083048j:image
f:id:OSRcamper:20191006083101j:image
f:id:OSRcamper:20191006083121j:image

 

アンティーク感があって落ち着けるカフェで、すぐ横に自分達のテントがあること忘れてしまう空間でした。

 

心身共にリフレッシュ出来たのでテントに戻って夕飯の支度をします。

 

本日のキャンプ飯は

 一品目はずっとキャンプでやってみたかった丸鶏のローストチキンを作ります!

 

前日に丸鶏をオリーブオイル、ローズマリー、クレイジーソルト、ニンニクに漬け状態でジップロックに入れておきました。

 

あとは冷凍食品のピラフを入れるだけです。グロテスクなのでアップは出来ません。
f:id:OSRcamper:20191006083116j:image

 

久しぶりにニトダッチ19cmで調理していきます。少し蓋があたるので心配です・・
f:id:OSRcamper:20191006082954j:image

  

二品目はコスパ最強の砂ずりを使います。
f:id:OSRcamper:20191006083024j:image

 

塩コショウで焼くのが間違いないのですが、今回は映えを狙います。
f:id:OSRcamper:20191006083110j:image

 

しめじをのせて・・
f:id:OSRcamper:20191006083113j:image

 

オリーブオイルをたっぷり入れて、炭火でじっくりとローストしていきます。
f:id:OSRcamper:20191006083107j:image

 

っとここで今日は目の前に瀬戸内海。ルミエールランタンで雰囲気作りも忘れずに。
f:id:OSRcamper:20191006083046j:image

 

二品目!!砂ズリージョが完成しました!!
f:id:OSRcamper:20191006083030j:image

 

砂ずりなので味はあっさりしてますが、歯ごたえも良く美味しいです。
f:id:OSRcamper:20191006083001j:image

 

とりあえずノンアルで乾杯します!
f:id:OSRcamper:20191006083119j:image

 

ニトダッチ19cmに入る丸どりにしたのですが、やはり蓋があたって焦げてしまいました。
f:id:OSRcamper:20191006082950j:image

 

しかし!そんな事は気にする必要はありません。木皿+プチトマトで映えはカバー!
f:id:OSRcamper:20191006083052j:image

 

海風が強く焚火がガンガンに燃えてくれます。久しぶりの焚き火に癒される・・

 

いつも皆さんこのロマンチックな空間で何を思うのか・・。自分はこの時間でブログを書いています。それ以外は・・アプリのゲームをしています(恥)

 

焚き火=自由ですもんね。キャンパーじゃない人達はこの時間を知らない。普段忙しい中で本当に立ち止まる機会も少なくなります。

 

この焚き火の時間は揺れる火をみながら、何かを考えてもいなくてもふと思いつくことなんかがあって、いわゆる『ひらめき』というか・・。そんな事が発見できるなんでも無い時間がこの時かなと思います。
f:id:OSRcamper:20191006083027j:image

 

何気にコールマン286Aの灯りと音を感じるのも大好きです。ある意味これも焚き火!
f:id:OSRcamper:20191006083040j:image

 

ミッドナイトチル

皆さんこれ夜ですよ!なんか幻想的な夜でハンモックがあって本当に良かったです。
f:id:OSRcamper:20191006082958j:image

 

このまましばらくハンモックに揺られながらチルってました。

 

月の光と焚火が幻想的で、久しぶりに満足いくキャンプになりました。
f:id:OSRcamper:20191006083019j:image

 

テントに戻って眠りにつき、小鳥の鳴き声に案内され外に出てみる・・。
f:id:OSRcamper:20191006083012j:image

 

モーニングチル

 

海に上がる朝日はなぜこんなに綺麗なのでしょうか。不思議です。
f:id:OSRcamper:20191006083125j:image

 

今回は朝ごはんよりモーニングチルを優先しました。ホットコーヒーの匂いと朝日の温かさにいやれました。いつもこの時に優越感というか、達成感を感じます。
f:id:OSRcamper:20191006083008j:image

 

何気ないことですが、朝のギアの片付けが結構好きです。
f:id:OSRcamper:20191006083037j:image

 

最近新しい焚火台が欲しいのですが、ファイヤグリルのロストルの変形具合をみるたびに逆にどんどん好きになるんですよね~。
f:id:OSRcamper:20191006083055j:image

 

やはり当分ファイヤグリルは大事に使おうと思います。
f:id:OSRcamper:20191006083015j:image

 

本来はキャンプ帰りに温泉行くのが我が家のルーティンなのですが、24Hシャワーが使い放題のキャンプ場なので、温泉はやめて食事に行くことに・・。

 

香川県名物の骨付き鳥って?

 

皆さんご存知ですかね?香川県はうどんだけではなく骨付き鳥が有名なんです!

 

香川骨付き鳥の老舗である一鶴(本店)へ寄り道します。
f:id:OSRcamper:20191006083021j:image

 

皆さん骨付き鳥って食べたことありますか?想像してみてください。

 

はい、、その今想像した骨付き鳥の味とこれはもう全く違うものだと思って下さい。

 

おやどりとひなどりがあるのですが、個人的にはおやどりが大好きです。もう歯ごたえが異常で、例えるなら噛めないガム!!(あくまで個人的見解による例えです汗)

 

とんでもなく美味しいです!!
f:id:OSRcamper:20191006083043j:image

 

そんなこんなで荘内半島オートキャンプ場浦島のレポを終了したいと思います。

 

沢山のキャンプ場に行ってきましたが、ココは間違いなく上位に入ります。

 

めちゃくちゃおすすめで、リピート率100%のキャンプ場です。もしお近くで行ける方は絶対に行って頂きたいキャンプ場ですね!

 

それではまた次回のキャンプ場を楽しみに、いつもの日常に戻って頑張りたいと思います。

 

それでは、また!

 

 

 

 

△ 荘内半島オートキャンプ場浦島 【前編】

どうもブログのキャンプネタ(下書き)は沢山あるのに記事を書くのが追い付かず、1年前の写真を今年行ったかのように偽装してアップしようと計画する今日この頃です。

 

今回は香川県にある荘内半島オートキャンプ場浦島にキャンプに行ってきました〜!

 

瀬戸内海が一望出来る穏やかな場所に位置し、すごい穴場感のあるとっても自由なキャンプ場だったのでご紹介したいと思います。

 

<目次>

 

荘内半島オートキャンプ場浦島とは

◆住所:〒769-1105 香川県三豊市詫間町積560

 

 ◆サイト使用料

 オートサイト     ¥3,500

  (車1台・テント1張/区画)

 フリーサイト/テント ¥1,500

 タープ         ¥500

 
◆設備使用料

 大人          ¥500

 小人          ¥300

 

キャンプ/15:00〜翌日10:00

デイキャンプ/11:00〜2:00

 

まずは大阪から香川県を目指します!

大阪から約3〜4Hぐらいのドライブでした。まずは快晴の明石海峡でテンション上がります!

f:id:OSRcamper:20191006082532j:image
f:id:OSRcamper:20191006082538j:image

 

アーリーチェックインが13:00〜から(結構アバウトな感じ)出来るそうなので、まずは到着前にお昼ご飯にします。
f:id:OSRcamper:20191006082513j:image

 

やはり香川と言えば・・・ですよね!言うまでもなくコシがあって美味しいです。おろし醤油とぶっかけうどんです。
f:id:OSRcamper:20191006082553j:image

 

キャンプ場から約30分くらいの位置にあるうどん屋さんでした。香川のうどんはどこも美味しいのでハズレはないです!

 

お腹もいっぱいになりご機嫌でキャンプ場に到着〜!!この先の海が一望出来る場所が今回のゴール地点です!
f:id:OSRcamper:20191006082521j:image

 

キャンプ場に到着!テンションMAXに!

薪は500円で取り放題、燃やし放題だそうです笑。
f:id:OSRcamper:20191006082547j:image

 

こっちは管理員さんがキャンプファイヤー用にストックしている薪みたいです。
f:id:OSRcamper:20191006082454j:image

 

管理事務所で受付します〜・・と言っても結構自由な管理人さんで、ほとんどここにいません。探してみると他のキャンパーさんと一杯やられてました〜汗。
f:id:OSRcamper:20191006082605j:image

 

シャワー室もトイレも女性用があり24H無料で何度でも入り放題です!これは嬉しい!
f:id:OSRcamper:20191006082602j:image

 

まぁとにかく安いですよね!久しぶりのキャンプなので早く設営に取り掛かります!
f:id:OSRcamper:20191006082447j:image

 

やっぱり穴場?絶好の位置を確保!!

フリーサイトの方が多く、区画サイト(海側)はなぜかほとんど空いていました。このシーズンでこれは本当に穴場キャンプ場だな〜と感じました。
f:id:OSRcamper:20191006082436j:image

 

絶好の位置を見つけました!今回は久しぶりに虫のいるシーズンなのでサーカスTCハーフインナーも組み込んでいきます!!
f:id:OSRcamper:20191006082541j:image

 

これこれ!青い海にサーカスが本当に映えるんですよね〜。
f:id:OSRcamper:20191006082612j:image

 

まだタープがないので今回は目隠しとしてサーカスTCの跳ね上げスタイルに挑戦してみました〜。
f:id:OSRcamper:20191006082450j:image
f:id:OSRcamper:20191006082524j:image
f:id:OSRcamper:20191006082558j:image
f:id:OSRcamper:20191006082535j:image

 

うおおお・・跳ね上げ・・・かっけええええ〜!!

 

この勝手口は何故今まで使わなかったんだろうと思いましたが、いつも冬キャンなので完全クローズ引きこもりキャンプばかりでした。オンシーズンのキャンプも良いもんですね。
f:id:OSRcamper:20191006082503j:image

 

すごく風通しが良く海の匂いと海風が超キモチイイ〜!!
f:id:OSRcamper:20191006082608j:image

 

後はまったり海を感じるのみ


f:id:OSRcamper:20191006082443j:image

 

サイトから穏やかな瀬戸内海を一望したり・・・
f:id:OSRcamper:20191006082457j:image

 

サイトを飛び出し、海の透明度を感じてみたり・・
f:id:OSRcamper:20191006082506j:image

 

ハンモックでお昼寝してみたりキャンプ=自由。
f:id:OSRcamper:20191006082500j:image

 

一息ついたのでここで冷たい炭酸水でお茶タイム〜!

 

おお!?ずっと紹介したかったギアなんですが、ロゴスの氷点下キープシリンダーはやっぱりすごい!

 

実は昨晩から出発して、明石海峡手前で車中泊してましたー!1日経過したのに氷は全然溶けてません。

 

我が家はこれを2本購入し、自宅で作った氷をいつも入れてきます。全然氷が溶けないのでコレおすすめです!!
f:id:OSRcamper:20191006082439j:image

 

別売の氷点下パックを購入すればアイスも10時間保存出来るみたいですよ〜!

まぁ…そこまでしてアイス持って行くなら近所のコンビニで買いますけど〜・・

 

氷をストックしたり、逆にこの保冷力を生かしてお湯を入れてストックしておりたり使い勝手は色々です!!

 

f:id:OSRcamper:20191006212641j:plain

 

 

 

 

 おかげでキンキンに冷えた炭酸水を頂けます〜
f:id:OSRcamper:20191006082510j:image

 

あとは時間の流れが心の心拍数を正してくれて、波の音がBGM。これが自然のリラクゼーション。

 

この時間が本当に大好きで癒される。

 

アプリでゲームするも良し、ただ空を眺めるも良し、何をしても良い自由、それが許されるのがキャンプである・・・と心の中で一人で唱える。

 

心の中なので恥ずかしさはない。

 

でも今書いてて恥ずかしさは残る。
f:id:OSRcamper:20191006082519j:image

 

あと余談ですがハーフインナーに入って自然のサウナも体験できます!ダイエットにオススメです!
f:id:OSRcamper:20191006082529j:image

 

個人的にはサーカスTCやギアを眺めてるのが好きで、気がつくと海に背中を向けてしまう・・汗。
f:id:OSRcamper:20191006082543j:image

 

でもせっかく香川県まで来て、目の前に瀬戸内海が広がるので勿体無い。
f:id:OSRcamper:20191006082615j:image

 

やっぱり今は海を感じながら、ただただ自然に酔いしれたいと思う・・。
f:id:OSRcamper:20191006082551j:image

 

後編に続く・・・

 

 

 

『UNIFLAME フィールドラック』

どうも。アウトドアショップで自分の持っているギアを手に取っている人をみると、使い勝手をプレゼンしに突入したくなる今日この頃です。

 

今回とうとうやってきました王道のトップに君臨する『UNIFLAME フィールドラック』の紹介です!!

 

品薄で現在も売り切れ続出中ですが、和歌山県にある人気のアウトドアショップOrangeさんに置いてある情報を聞き、購入しに行ってきました〜。

f:id:OSRcamper:20190929171445j:image

 

<目次>

 

UNIFLAME フィールドラックとは

皆さんご存知のユニフレームより販売されている折りたたみ出来るキャンプに最適でオシャレな『棚』です。

f:id:OSRcamper:20190929200427j:plain

仕 様

  • サイズ
    使用時:約60×35×23(高さ)cm
  • 収納時:約60×35×1(厚さ)cm
  • 材質
    鉄・カチオンメッキ
  • 重量
    1.7
  • 分散耐荷重
    30

 

価 格

       ¥3,900(税込)

 

見た目以上に頑丈。耐荷重30kg!

今回フィールドラックを購入した理由はクーラーボックスを置く為の台が欲しかったから。

コールマンのクーラーボックスは容量もあり、結構な重さになるので頑丈なのは嬉しい。

f:id:OSRcamper:20190929171452j:image

 

折りたたみ可能!厚みはなんと1cm!!

f:id:OSRcamper:20190929210303j:image

f:id:OSRcamper:20190929205414j:image

 コンパクトなのはキャンパーにとって一番嬉しいメリット。4枚重ねて持っていっても5cmぐらいの厚みなんて嬉しすぎる。

 

スタッキングが出来る!

f:id:OSRcamper:20190929201830j:plain

4段までですが重ねることもできます。4段でチェスト代わりに、2段で収納棚付きのテーブルに、1段でローテーブルにとシチュエーションに合わせて変更出来るので、もう最高としか言いようがない。
 

格子のフレームが何かと便利!!

このフレームはテーブルの軽量化だけでなくこういった使い方が出来ます。カラビナを使ってギアを吊るしたり、よく使うシェラカップなどをストックしたり出来ます。 f:id:OSRcamper:20190929171438j:image

f:id:OSRcamper:20190929171445j:image

 

とにかくオシャレ!もうこれにつきる・・。

f:id:OSRcamper:20190929202652j:plain

もう言葉はいりません・・。黒のアイアンチックな雰囲気がオシャレ感をサポートしてくれます。

 

キャンピングムーン? or UNIFLAME?

 

f:id:OSRcamper:20190929211951j:image

f:id:OSRcamper:20190929203213j:plain

類似の商品でキャンピングムーンというブランドのフィールドラックがあります。

 

見た目はほぼ同じで、セットで購入すればUNIFLAMEの半額くらいの金額で購入出来るというメリットがあります。

 

キャンピングムーンは他の商品も、かなり正規の商品に近いもので金額が格安で販売されています。

 

f:id:OSRcamper:20190929203443j:plain

 

賛否両論あるかと思いますが、フィールドラックに関しては正直キャンピングムーンで全く問題ないと思います。実際品切れ状態のUNIFLAMEフィールドラックを諦めて、こちらを購入しようと何度も迷いました。

 

UNIFLAMEフィールドラックを選んだ理由

他の人よりこだわったところ・・・それは厚みです。ユニフレームが収納時厚み1cmに対して、キャンピングムーンは2.5cm。ここが一番違うところ。

 

え?その程度!?

 

そう思われるかも知れません。がその程度なのです。自分はここがどうしても気になりましたが、気にならない方はキャンピングムーンでも良いと思います!

 

それでは開封してみよう

f:id:OSRcamper:20190929205441j:image

 

爪の位置がポイントらしいです。とりあえず組み立ててみる。
f:id:OSRcamper:20190929171517j:image

 

う・・薄い!やはり1cmは気のせいが持った感じが物凄く心地良い!
f:id:OSRcamper:20190929171500j:image

 

ロックの位置がかなりきつく結構力が必要。
f:id:OSRcamper:20190929171512j:image

 

いや違う・・これが注意書きにあった爪の位置を間違わないようにの箇所ですね!
f:id:OSRcamper:20190929171504j:image

 

この位置よりもう一つ外側のフレームにひっかけないといけない。
f:id:OSRcamper:20190929171449j:image

 

この位置が正解!これはきつい。片手では無理だし、女性では正直大変かも・・
f:id:OSRcamper:20190929171427j:image

 

見た目が・・やっぱりカッケエェェ!!!
f:id:OSRcamper:20190929171456j:image

 

コールマンのクーラーボックスも・・一度言ってみたかった

 

シンデレラフィット!!

 

これ専用の台かというぐらい本当にジャストサイズです。これは驚きました。
f:id:OSRcamper:20190929171452j:image

 

カスタムでどんどんオシャレ差が増して来ます!!
f:id:OSRcamper:20190929171508j:image
f:id:OSRcamper:20190929171519j:image

 

UNIFLAMEの方を購入してみて

キャンピングムーンの存在により色々と考えてしまいましたが、個人的にはユニフレーム!ユニフレームのフィールドラックが響きました。

 

同じサイズの為、キャンピングムーンとユニフレームはメーカーが違ってもスタッキング出来るそうなので、一度キャンプで使用してみてもしかしたら次回はキャンピングムーンを選ぶかもしれませんが、、。

 

今はユニフレームというブランドに浸りたいと思います!!

 

早くキャンプに行きたいです!

 

それではまた。

 

『コールマンウォータージャグ』を蛇口交換でストレスフリーに。

 

どうも。最近キャンプを始めようとしている友人から、スノーピークのブランドってなぜこんなに高いの?と聞かれ、なぜかにやけてしまう今日この頃です。

 

今回は以前購入したお気に入りのギアであるコールマンウォータージャグを…

www.osrcamp.com

 

さらに使いやすくなるようアップデートしました。

f:id:OSRcamper:20190922122658j:image

 

<目次>

 

コールマンウォータージャグのデメリット

このジャグの一番使いにくい所は、吐水時に片方の手でボタンを押さないといけない所。

 

誰かに押してもらわないと手が洗いにくい。逆にちょっとボタン押して〜と言われるのもかなり面倒でした。

f:id:OSRcamper:20190922122653j:image

ネットで調べてみると、皆んな蛇口を交換しているではないかっ!?

 

早速やってみよう。

 

蛇口の交換

【今回購入した物】

Kinnor ステンレス蛇口 16mm 瓶蛇口 

*amazonで¥1,000程度で購入出来ます。

f:id:OSRcamper:20190922205823j:image

 

他にも取付出来るメーカーの商品もあるみたいですが、別でパッキンを購入する必要があったりします。

 

このkinnor製はパッキンが付属されているのでオススメです。
f:id:OSRcamper:20190922122706j:image

 

内側と外側のパッキンが付属しています。
f:id:OSRcamper:20190922122648j:image

 

まずは既存の蛇口をはずしてみる。意外にも内側のナットで固定してあるだけの簡単構造!!?
f:id:OSRcamper:20190922122756j:image

 

めちゃくちゃ簡単にはずれました。
f:id:OSRcamper:20190922122628j:image

 

この時点でなんか大丈夫かな〜?って不安になります。
f:id:OSRcamper:20190922122642j:image

 

金物には養生シールが丁寧に貼られているので剥がしましょう。
f:id:OSRcamper:20190922122746j:image

 

蛇口側に金物→パッキンの順にセットします。
f:id:OSRcamper:20190922122731j:image

 

ただ通すだけですが、パッキンはかなり小さめです。

サイズが違うと慌てないように、パッキンは伸び縮みするので落ち着いてはめましょう。
f:id:OSRcamper:20190922122736j:image

 

内側に通します。
f:id:OSRcamper:20190922122751j:image

 

後は反対側にパッキン→金物の順にセットしていきます。そして最後にナットで固定したら作業完了です。めちゃくちゃ簡単・・。
f:id:OSRcamper:20190922122800j:image

少し蛇口が回りますが、パッキンがあるので水が漏れたりはしませんでした。

f:id:OSRcamper:20190922122726j:image

 

蛇口を交換してみて

やはり物凄く使いやすい!何故最初からこの仕様にしてくれないのか不思議なくらい。

 

プッシュ式じゃないとジャグの水が流れ過ぎてすぐになくなるのではないか?と不安がありましたが、プッシュの時と同じ水量でチョロチョロ出てくれるので落ち着いて手を洗う事も出来ます。

 

腕まで洗ったり、洗顔や歯磨きをしたりとかなり使い勝手の幅が広がりました。

 

もし交換を検討されている方やこれからジャグの購入を検討されている方は、是非早めにアップデートしてください!間違いなく便利です!!

 

手持ちのギアを自分好みに変えていくのもキャンプの楽しみの一つですね!

 

それではまた。